コットアコットは激うまコスパ最強フレンチ【ランチコース2020】

私(猫社長)が足繁く通っているフレンチレストランが【コット ア コット(Cote a Cote)】です。

グルメ好きの猫社長ですので、特に東京と埼玉のあらゆる有名店やミシュラン店を食べ歩いて来ましたが、現在フレンチレストランでコットアコットより評価を高く出来るお店はありません。

関連記事

埼玉県久喜市の菖蒲町にある<かき氷の大人気のお店>雪みるくの帰りに、どこか美味しいランチを探していた時に見つけたのがフレンチレストランの【コット ア コット(Cote a Cote)】 とにかく口コミの内容が良く、絶賛の嵐である。特に[…]

コットアコット

もちろんお値段を高くすれば質の良い新鮮な食材を使うことができるわけで、最高級の食材を提供すればそれだけで「うまい!」と言わせることもできるでしょう。

しかし私が考える本当の美味しさ/料理人の技量とは、コストパフォーマンスだと思っています。

  • お値段以上の満足感を顧客に与えられるかどうか?
  • 食材の可能性を、どれだけ引き上げることができるのか?

こういう所にお店とシェフの技量が垣間見えると思うのです。

例えば2万円出しても「それほどでもない」と思うようなお店もたくさんあります。

  1. もし同じ原価の食材で料理を作ったらどうなるのか?
  2. 東京都内の高級店で、3850円で7品のフルコースメニューが提供できるのか?
  3. そしてお客さんを唸らせることができるのか?

これを考えて場合、正直難しいのではないかと思います。

しかしそれができるお店が埼玉県久喜市菖蒲町にはあります。それがコット ア コット(Cote a Cote)なのです。

過去記事にもコットアコットのレビューをたくさん載せてきましたが、毎月通っているのでちょっと量が増えてきましたので、この記事は2020年バージョンということで、追加の記事になります。

■前回までのコットアコットの記事はこちらから

スポンサーリンク

コットアコットの概要

  • 店名 コット ア コット (Cote a Cote)
  • ジャンル フレンチ
  • 電話番号 0480-48-7666
  • 住所 埼玉県久喜市菖蒲町三箇787-5
    アクセスとしては、駅からの距離が結構ありますので、電車では難しいです。車とナビは必須です。まさに穴場の名店。
  • 予約 ランチ・ディナーともに完全予約制
  • 営業時間
    ランチ: 11:30~13:30(L.O)
    ディナー: 18:00~20:00(L.O)
  • 定休日 火曜日
  • 支払い カードは不可。現金のみ。
  • 駐車場 有 お店の前のスペースに約6台分

2020年4月のランチメニュー

アミューズ

今回というか毎回注文しているメニューが、ランチの3850円(税込み)のメニュー【オマージュ】になります。

一品目はアミューズです。サザエとレンコンのマリネです。見た目も美しいですが、味も冴えてます。

前菜

二品目の前菜は、アスパラとホタテのカダイフ包みです。

コットアコットのシェフはカダイフ包みの使い方がとても上手で、本当に激うま料理に仕上がります。

スープ

三品目のスープです。

カブのポタージュ、ハーブオイル添えです。アツアツの状態で提供されます。たまにぬるいスープとかありますよね。やはりスープは熱いのが美味しいですね。

お魚料理

四品目はダブルメインの一つ、魚料理です。

メダイの白ワインソースです。コットアコットの白ワインソースはいつも絶品です。野菜にうまく絡んだソースがまたうまいのなんの。

お口直しのグラニテ

5品目はお口直し。今回はマンゴーのグラニテでした。

メインのお肉料理

6品目はメイン料理の二品目のお肉。アンガス牛でした。

デザート

7品目がデザート。

パティシエ渾身の一皿です。毎回豊富な内容で、目でも味でも楽しませてくれます。

抹茶とホワイトチョコレートのムースケーキ(左上)が絶品でした。

コットアコットの評価は

毎月通っていて、今更ですが、毎回最高の仕上がりです。

★★★★★ この価格でこの味とボリュームは他では無理でしょう。コスパ最強ランチです。

2020年5月のランチメニュー

まだ新型コロナウイルスの緊急事態宣言中ではありますが、コットアコットのランチに行ってまいりました。

ちゃんと三密にならないように、お客さんの人数を制限し、席の間を空けるようにセッティングされていましたので、安心してランチが楽しめました。

アミューズ

アミューズは、ウニのフランです。

毎度のことながら、頭から冴えてます。味がキレキレですね。最高のスタート!

前菜

前菜は、ズワイガニを大根で巻いた料理が出てきました。この緑のつぶつぶが何か分かりませんが、とにかくおいしいです。それぞれの素材がうまいだけでなく、合わさって何倍にも感動が拡がるんですよね。

じゃがいものポタージュ

じゃがいものポタージュスープです。

中に見える黒いのがトリュフオイルで、これが最高に効いてバカうまの絶叫物でした。

ハタの魚料理

魚料理はハタでした。トマト風味の白ワインソースでいただきます。

グラニテ

お口直しは、ジンジャーとオレンジのグラニテ。

ここでジンジャーが最高のパフォーマンスを発揮!コットアコットに来てから、今までで一番おいしいお口直しでした。

牛肉のパイ包み

牛肉のパイ包みをバルサミコソースで。

よくあるのがバルサミコの酸味が強いパターンですが、コットアコットのシェフにかかると、こんなにも美味しく仕上がるのですね。最高です!

こんなに美味しいバルサミコソースは初めてです。

デザート

デザートです。

「お!」このパターンは初めてですね。

チョコレートのパフェ仕立て。チョコレートがスッキリと甘すぎず、めちゃくちゃおいしいです!

パティシエの奥様もマジで天才ではないかと思いますね。

2020年5月ランチの評価は

文句あるはずありません。またまた超えてきます。最高です!

★★★★★ 味、アイデア、見た目、コストパフォーマンス、どれをとっても最高です。

2020年6月のランチメニュー

コットアコットでは、6月からサマーメニューになったようで、早速ランチをいただきに行ってきました。

私が食べているのは、毎回オマージュという3850円のランチコースになります。

6月アミューズ

▲まずは、サーモンのムース、トマトときゅうりのアミューズです。
夏らしいさわやかなスタートです。

前菜

▲マグロの軽いポワレ、バジルの香りの南仏野菜です。

この南仏野菜ですが、しっかりとした味が染みており、本当に美味しく仕上がっています。幾重にも味が絡む細かい作業が光りますね。

南瓜の冷製ポタージュ

▲ナッツを浮かべて、冷たいカボチャのポタージュです。毎回作りが凝っており、奥の深さを感じます。

魚料理は天然真鯛

▲天然真鯛とトマトクリームソース。

お口直しはブルーハワイ

▲今回のお口直しはブルーハワイでした。スッキリとお口の中がリセットされます。

アンガス牛のメイン料理

▲メインのお肉料理は、アンガス牛のペルシャードソース仕立てでした。お肉も柔らかく、まさに激うまです!

デザートの盛り合わせ

▲デザートの盛り合わせは、杏づくしでした。見た目だけではありません。味付けも最高です!

★★★★★ 文句は言わせません。毎度かわらず最高評価です。また来月行きます。

コットアコットのランチコース(オマージュ)2020年7月

2020年7月のランチコース(オマージュ)3850円の内容です。

コットアコットでは、基本大きくメニュー内容が変わるのは、年に4回です。
つまり、春夏秋冬のメニューです。

しかし3ヵ月の間で毎月行く場合は、メニューがかぶらないように、毎回別メニューを出してくれます。
ここがプロですよね。全く違うメニューを、その客のためだけにアレンジして出してくれるのですから、頭が下がります。

ということで、今回の7月メニューも6月から始まった夏メニューとは異なった内容となります。

7月のアミューズ

アミューズはホッキ貝のマリネでした。

前菜はサラダメニュー

前菜はシトラス仕立ての帆立のサラダです。

夏らしい一品です。ただちょっとすっきりし過ぎた感があります。見た目は相変わらず素晴らしい。

冷製スープ

スープは、冷静のとうもろこしのスープでした。甘いとうもろこしの味が暑さで疲れた体を癒してくれますね。

メインの魚料理

メインの一品目の魚料理は、アイナメのクリームソース煮です。

クリームソースに溶け込んでいるキャベツがうまいです。

お口直しのグラニテ

今日のお口直しは、パイナップルのグラニテでした。

お肉料理

お肉料理は、牛ホホ肉の赤ワインソースです。

個人的には、牛ホホ肉は一番苦手な部位で、あの繊維がホロホロほぐれるような食感が好きではありません。

しかし赤ワインソースは相変わらず美味しかったです。

7月のデザート盛り合わせ

デザート盛り合わせです。シャーベットが特に気に入りました。いつも見た目も完璧ですね。ここまで充実したデザート盛り合わせもなかなかありません。

★★★★☆ 今回はメインが牛ホホ肉だったため、僅かに評価は下がりましたが、それでも全体を通して見事な出来栄えでした。

コットアコット2020年8月のメニュー

アミューズ

8月ともなると暑いですね。

今年は関東の梅雨明けが8月になり、7月までは比較的涼しく過ごせましたが、この日もかなりの猛暑でした。

2020年の8月のメニューですが、まずはアミューズです。

キャロットムースとコンソメのジュレ。

やはりこここはうまいです。最高に冴えたアミューズで、本日のシェフの状態が最高であることを確信しました。

カシスソーダとパン

ドリンクはいつもカシスソーダを注文します。フレンチレストランでドリンクが350円というのはとても良心的な経営ですね!

パンも自家製でモッチモチ。米粉を使っているかと思いきや、フランスパン用の小麦粉に水分量を多くして作っているそうです。この工夫がすごいです。パティシエの奥様でしょうか、このアイデアは。とにかくこのパンが美味しくて、いつも2回おかわりしています(笑)

前菜

前菜はアボカドと海老のタルタルです。

見た目も最高に美しく、さらに味が激うまでした。いくつもの味が口の中で交差します。

マジにこの日のシェフは冴えていたと思います。

冷製ポタージュ

枝豆の冷たいポタージュ。

暑い夏には最高のポタージュです。まろやかで本当においしい。

本日のお魚料理

アカムツにビーツのソースで。

アカムツとは、つまり別名【ノドグロ】です。あのおいしい高級魚。

これは最高ですよ!たまりません。

グラニテ

アセロラのグラニテです。ダブルメインの間のお口直し。すっきりとしていておいしい。

お肉料理

牛肉のしんたまのステーキ。別名はマルとも呼ばれています。

モモ肉の中ではトップレベルの美味しさの部位で、キメが細かく柔らかくて味が濃厚な希少部位。

ノドグロといい、しんたまといい、今日のランチは大変豪華でした。

デザートの盛り合わせ

デザートの盛り合わせは桃のシャーベットと白ワインのムース、他です。

料理がおいしいだけでなく、最後の提供されるのが、この見た目も美しく、味もいいデザートプレート。

ほとんど人は見ただけで感動して喜ぶと思います。

コーヒーと茶菓子

食後の飲み物はコーヒー、紅茶、ハーブティーから選べます。今日はハーブティーの気分だったので、頼みました。

左に見えるのが茶菓子ですが、これがデザートに出てきてもいいレベルのミニチョコケーキで激うまでした。

★★★★★ 過去ベスト3に入る、レベルの高いランチコースでした。マジに最高です。

コットアコットの2020年9月のランチコース

2020年9月のランチ・アミューズ

いつものようにランチコースのオマージュ、3850円(税込み)をたのみました。

まずはアミューズで、イカととんぶりを添えたかぼちゃのフランです。

上に乗っているキャビアのようなものが【とんぶり】で、別名「畑のキャビア」と呼ばれています。直径1~2mmの小さな緑色の実で、見た目は本当にキャビアそっくりですね。

前菜

これまた見た目が美しい前菜がきました。

5種類のお豆のサラダとサーモンのタルタルです。

スープ

9月に入り秋メニューになったので、秋らしいものが続きます。

きのこの温かいポタージュです。温かいスープを飲むと心もホカホカになりますね。

お魚料理

メインの一品目は魚料理。

貝の風味の白ワインソースです。

お口直しのグラニテ

お口直しは、マスカットのグラニテです。毎月違った味のグラニテが提供されるので楽しみですね。

お肉料理はローストビーフ

メインのお肉料理はローストビーフの赤ワインソース。

めちゃめちゃ美味くて最高です。

デザート

デザートです。

レアチーズのムースとマンゴーのシャーベットに梨、イチジク、桃が添えられていました。
見た目もパーフェクトで味も抜群です。

味も見た目も素晴らしく、また来月の訪問が楽しみです。

スポンサーリンク