ニースで本当に美味しかった朝食を紹介【フランスパンとカフェとピザ】

ニースのホテルはほとんど朝食が付いていません。

あってもオプションですし、高めの値段設定になっています。またアパートメントホテルも多いため、ほとんど外に出て自分で朝食を取ることになると思います。

しかしニースではこれが大正解!

ホテルの近くで美味しいカフェを見つけて食べに行ったり、私がおすすめするベーカリーショップでフランスパンを買ってホテルで食べるのがベストです。

何故ならば、フランスのパンは最高に美味しいからです

スポンサーリンク

おすすめのベーカリーショップ&カフェ

私はニースに到着した翌日の朝に初めてベーカリーに行きました。一人でフランスの朝をカフェで過ごすのもいい思い出になります。

ブログ情報ではあまりベーカリーの記事がなかったため、トリップアドバイザーで調べました。するとなんと!私の宿泊したClub INN(クラブイン)のすぐ近くに、ベーカリーカフェのジャンルで1位と3位のお店があるではありませんか。

まずは早速第3位のお店から攻めてみました。

Les Petit Pains de Mediterraneeで朝食を

Les Petit Pains de Mediterranee

  • 店名 Les Petit Pains de Mediterranee
  • 住所 41 Rue de France, 06000 Nice, France
    フランス通り沿いにあります。
  • 電話番号 +33 4 93 88 45 62
  • 営業時間 7:00~19:00
  • 定休日 月曜日

Les Petit Pains de Mediterraneeの店内

店内はこんな感じです。外のテラス席が少々と、中にもイートインコーナーがありますが、半数以上の客はバゲットやパンを買って帰るテイクアウトのお客さんのようです。

地元の人がバゲットを買いに来るお店のようですね。

Les Petit Pains de Mediterraneeの朝食セット

私は紅茶とクロワッサン、シナモンロールの朝食セットを注文しました。

レシート

お値段は5.20ユーロ(約630円)でした。価格的にはごく普通の朝食かと思います。

味的には、可もなく不可もなく。クロワッサンも普通ですし、シナモンロールに限ってはアメリカの方が美味しいですね。

★★★☆☆ 正直「あれっ」という感じ。フランスのカフェと思って期待値を上げ過ぎてたのかもしれません。
しかし、後程大逆転劇がありましたので、最後までお読み下さい。

Patisserie Chez Maitre Pierreのフランスパン

その後ある会合に出かけまして、そこでPatisserie Chez Maitre Pierreで買ったバゲット(フランスパン)が激うまだったという話を知人から聞きました。

Patisserie Chez Maitre Pierre

  • 店名 Patisserie Chez Maitre Pierre
  • 住所 41 Rue Massena, 06000 Nice, France
  • 電話番号 +33 4 93 87 77 95
  • 営業時間 7:00~20:00
  • 定休日 日曜日

ここのフランスパンが最高に美味しいということで買いに行きましたが、私の行った時間には残念ながら売り切れで買えませんでした。

しかし他のパンも試してみたかったので、とりあえずクロワッサンとショコラを買いました。

Patisserie Chez Maitre Pierrのクロワッサン

お味は、やはりこれも普通でした。菓子パンに関しては日本の有名店の方が美味しいと思います。

前回同様「期待値を上げ過ぎたか」とも思いましたが、冷静にみてもやはり普通の味です。

★★★☆☆ こちらも可もなく、不可もなく。これがトリップアドバイザーの1位かという感じ。

フランスではバゲットのみを食べるべし

他の知人も「フランスパンが最高に美味しく、1本平気で食べれてしまうかも」と行っていたので、やはりそこに何かがあるかもしれないと思い、最初に行ったLes Petit Pains de Mediterraneeにテイクアウトでバゲットを買いに行きました。

バゲット1本の料金はなんと0.98ユーロ(約120円)でした。安いです!

さらに人気のスーパーマーケット「MONOPRIX(モノプリ)」でフランスの最高級と言われているエシレバターを買い込み、ホテルで食べることにしました。

MONOPRIX

  • 店名 MONOPRIX(モノプリ)
  • 住所 30 Rue Biscarra, 06000 Nice, France
  • 電話番号 +33 4 92 47 72 62
  • 営業時間 8:00~21:00

モノプリの店内

総菜コーナーも豊富にあるので、持ち帰りもできます。

MONOPRIX

フルーツや野菜も豊富ですね。

MONOPRIXで買った飲み物とエシレバター

モノプリでは、ペリエ(炭酸水)とフルーツジュース、そしてエシレバターを買いました。エシレバターはホテルでバゲットに付けるためのものです。

ニースのバゲット

Les Petit Pains de Mediterraneeで買ったバゲットとエシレバターです。

エシレバターとバゲット

バゲットをちぎり、エシレバターをすくって食べてみました。
※バターナイフや変わりの物がなかったため(笑)

フランスパンが激うまだった

ここであまりの美味しさのため絶叫しました。

うまい!!!!!
なんじゃこりゃーーー!!!

外側のさくさく感と中の絶妙な粘度のバランス!こんなうまいパンがあったのか?仲間とも話をしましたが、この食感は日本にはありません。おそらくフランスの風土でしかできないのかもしれません。

温度・湿度、その他の材料も含めて、ここだけでしか完成しない味。そうとしか思えません。

だってフランスで学び修行したパン職人なんてたくさんいるはずです。しかしこんなに美味しいバゲットは日本では食べれません。もちろんエシレバターも美味すぎますが、バゲット単体でも最高においしかったのですから。

フランスに来たら、朝食はバゲットを買ってホテルの自分の部屋で食べるべし。
エシレバターをスーパーマーケットで買う事も忘れずに!
★★★★★+ ニースに来て一番のサプライズ!バゲット最高!
他のパンは食べなくてもいいです。他は日本の方がうまい。しかしこのフランスパンはここでしか味わえない。
私が最高に美味しいと感じたのは「Les Petit Pains de Mediterranee」で買ったバゲットです。「Patisserie Chez Maitre Pierre」のもちょっと知人からもらいましたが、表生地の焦げが強く、硬かったです。
個人的には「Les Petit Pains de Mediterranee」のバゲットが断然美味しいと思いました。
また「Les Petit Pains de Mediterranee」は地元の人が買いに来ており、「Patisserie Chez Maitre Pierre」は観光客が多いような感じですので、やはり地元客が来るお店の方が美味しいと思います。

旧市街で見つけた<最高においしいテイクアウト用ピザ>

ニース旧市街

旧市街に美味しいピザ屋があると聞いて向かってみました。

ちょうど城跡公園の近くだったため、2回目の城跡公園へ行く前にテイクアウトで買っていこうと思ったわけです。

上の写真の突き当りの左角にあります。そのお店の名前はAl Taglioアル・ターリオ。

激うまのPizza Al Taglio(ピッツァ・アル・ターリオ

Al Taglio アル・ターリオ

  • 店名 Pizza Al Taglio(ピッツァ・アル・ターリオ)
  • 住所  42 Rue Droite, 06300 Nice, France
  • 電話番号 +33 7 81 55 34 12
  • 営業時間 12:00~17:00、19:00~22:00
  • 定休日 月曜日の夜、火曜日

Pizza al Taglio

こんな感じで美味しそうに、ピッツァが並んでいます。私が注文したのはサラミですね。4.40ユーロ(530円)

1ピースとしては結構高めの値段設定となっていました。

注文するとおじさんが「ちょっと2分待って」といい温めてくれました。

Pizza al Taglioのピザ

これが最高に美味しかったです!まじのまじで激うま!!!こんな美味しいピッツァは初めてです。

冗談抜きで絶叫しました!ピザソースとサラミの混ざり具合が絶妙で、ソースは若干ピリ辛で最高の一品。

★★★★★+ 文句なしで、ニース一番の料理がこのテイクアウト・ピザでした!
本当に美味しいです。他のは食べてなかったので、何とも言えませんが、この味を出せるのなら、他も最高だとは思います。

観光客に人気のジェラートのお店

フェノキノ グラシェール

ニースで一番有名なジェラートのお店と言えば「Fenocchio Glacier」(フェノキノ グラシェール)です。

市内に何店舗かあるようですが、旧市街のお店が一番人気のようで、常に観光客でいっぱいの状態です。

Fenocchio Glacier(フェノキノ グラシェール)の概要

  • 店名 Fenocchio Glacier(フェノキノ グラシェール)
  • 住所 2 Pl. Rossetti, 06300 Nice, France
  • 電話番号 +33 4 93 80 72 52
  • 営業時間 9:00~0:00
    ずっと営業していますので、ディナーの後に気軽に行けます。
  • 支払い クレジットカード可

フェノキノ グラシェールのメニュー

フェノキノ グラシェールのメニュー

フルーツ系を中心に物凄い数のフレーバーがあります。

フェノキノ グラシェールのフレーバー

本当に目移りしますね。この数にはびっくりです。

フェノキノ グラシェールの価格表

お店にある値段表です。2フレーバーで4ユーロ(約480円)ですので、結構高いですね。

これがイタリアのローマなら、3フレーバーで3ユーロでいけますので。やはりニースは物価が高いのでしょう。

初日はコーンでいただきました。というよりカップがあったのが分からなかった(笑)

オーダーの仕方は、手が空いた店員さんに声を掛けて、どれとどれかを指さしか口頭で伝え、カップかコーンかを指定するだけです。
ちなみに物凄い混んでいますので、どんどん声を掛ける必要がありますね。待っていたら順番がなかなか回ってこないことも。

ジェラート

翌日も来てみました。カップがあることが分かったので、カップで注文。

お店の前の広場

お店の前は広場のようになっていますが、横のレストランのテラスのようですね。ここも結構繁盛していました。シーフードとピザのようですね。

夜でも人だかりのジェラート

夜でも常に観光客で一杯です。

ジェラートのお店

結局3日間行きました(笑)お値段は高めですが、やはりイタリアの影響を強く受けている本場のジェラートなので。

毎日違う味を2種類ずつ楽しみました。

フレンドリーなジェラート店の店員さん

店員さんもたくさんいて、みんなフレンドリーでした。クレジットカードも使えます。

ところでニースでクレジットカードを使うと「コンタクトレス?」と聞かれます。

世界的にはもう当たり前ですが、日本で言うところのいわゆる「タッチ決済」です。クレジットカードを端末にかざすだけで決済が完了するクレジットカードのシステムです。日本ではまだ普及していませんが、海外、特に欧米ではコンタクトレス決済は当たり前ですよね

★★★★☆ 味はいいです。ただニース価格?なので、ローマに比べて高いので、そこだけ減点。

ニースの旧市街

ニースの旧市街は夜も昼も、それぞれ趣きがありますね。

ガイドブックには「旧市街も裏道に入ると危険」と書かれてありましたが、そんなことはありません。全然安全です。もちろん女性の夜中の一人歩きは避けた方がいいですが。

夜のマセナ広場

夜のマセナ広場です。夜遅くまでたくさん観光客がいるので、安心です。

世界120都市12,000軒のレストランを日本語で予約できる【グルヤク】

  • 海外レストラン予約実績40万件、国内実績NO.1の予約サービス。
  • 世界各国のレストラン予約を、全て日本語で安心して予約可能。
  • 社員旅行や卒業旅行・二次会など、大人数の予約もできる。
  • ホテルまでのお迎えもサポート可能。

スポンサーリンク