ニースのアクセス情報【空港から市内へトラムでの行き方とおすすめホテル】

フランスのニースに行くには、南仏にあるコートダジュール国際空港からアクセスすることになります。

ニースに最寄りのコートダジュール国際空港には日本国内からの直行便はありませんので、ドーハやドバイやパリ、ロンドンといった場所を経由して行くことになります。

コートダジュール国際空港からニースの中心街へは、距離的に約6キロほど。現在ではトラムかタクシーの二択でのアクセスとなりますが、安くて簡単でおすすめできるのはトラムになります。

スポンサーリンク

 ニース市内へはトラム2号線で

フランス南東部に位置するコートダジュール地方は、温暖な気候でセレブに人気の高級リゾート地です。

その中でもニースは「リヴィエラの女王」とも呼ばれている代表的な都市で、フランスの中でもパリに次ぐ、第2位の観光都市となっています。

私は仕事の関係で2019年9月19日に日本を発ち、現地で4泊しましたので、9月の気候(天気・気温等)も含め取材した内容をシェアしたいと思います。

コートダジュール国際空港から市内へのアクセス

2019年7月までは、空港エクスプレスバス98番・99番でニース市内に入るのが定番でした。

しかし現在ではトラム2号線が開通したため、上記バスは廃止になりました。

ちなみにバスの番号も2019年9月に大幅刷新されましたので、それ以前の他のブログ情報はそのまま鵜呑みにせず、最新の情報を必ずチェックして下さい。

トラム2号線の開通により、より便利にニース市内へ入れるようになりました

ニース最寄りの国際空港は、コートダジュール国際空港になります。意外と小さな空港で、日本の地方都市レベルの規模です。

搭乗口から手荷物受取場までも近く、そこを抜けるとすぐに外に出てしまう距離です。

空港エクスプレスバス98番・99番はなくなりましたが、実は空港を出て、すぐ目の前がトラム2号線のホームとなっていますので、迷うことなくニース市内へ出ることができるようになりました。

ちなみにニース市内の中心部で降りる場合は、ジャン・メドゥサン通り駅で下車することになります。

トラム2号線の駅

▲写真の右側が空港からの出口になっており、出口を出るとすぐに写真のようなトラムの駅が見えるので、間違うことはないかと思います。

ちなみにこれはターミナル1の写真です。
ターミナル1と2はトラム2号線で繋がっており、どちらのターミナルからでもトラム2号線に乗ることができます。
またターミナル間は無料でトラム移動ができるということです。

  • ターミナル1
    ルフトハンザドイツ航空、スカンジナビア航空、オーストリア航空、スイスインターナショナルエアラインズ、ターキッシュエアラインズ、カタール航空、ブリティッシュエア、ライアンエアー、ブエリング航空
  • ターミナル2
    エールフランス、KLMオランダ航空、アリタリア-イタリア航空、アエロフロート、フィンランド航空、デルタ航空、エミレーツ航空、イージージェット

ニースに行くのにおすすめの航空会社は

▲ターミナルの話が出たついでに、ニースへの航空会社選びについて少し書いてみます。

ニースには日本からの直行便がありません。
よって最短でも1回のトランジット(乗り継ぎ)を行う必要があります。

同じフランスからだという理由で、日本からパリを経由してエールフランスを使う方が多いのですが、個人的にはあまりおすすめはしていません。
それは、フランスでは頻繁にストライキが行われ、エールフランスも欠航することが多いからです。

私のおすすめは

  1. カタール航空
  2. エミレーツ航空

の二択になります。
両方ともオイルマネーで潤っている、サービス抜群でゴージャスな航空会社で、世界的な評価も高いので安心です。

特にカタール航空はスカイトラックス社による格付けランキングで、「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を受賞している世界ナンバー1の航空会社です。
■航空券とホテルを一括で購入する場合は、料金が最大半額の【エクスペディア】がやはりお得か。
■旅行会社大手のHISが運営する、ネット専門予約サイト【サプライス】が安くていいらしい。
■【Qatar Airways】スカイラックス社格付け【世界ランキング1位のエアライン】カタール航空。

 I love Nice

話は戻ります。

空港を出ると、まず見えるのがトラムの駅、そしてその奥に有名な【I Love Nice】のモニュメントがあります。結構多くの人達がここで記念撮影をしていました。いかにも「ニースに来ました!」と言えるスポットですね!

トラムのチケットの買い方

ニース市内のトラムの料金は1.5ユーロで、74分以内なら乗り換えも可能です。またトラムとバスのチケットが共通のため、トラムからバスへの乗り換えもできます。

ただし、乗り換えが無料なのはニース市内のみで、空港便は乗り換えができません
しかしそれでも1.5ユーロという破格の運賃でニース市内に出れるので、イチオシのアクセス方法となります。(1ユーロが120円の場合、1.5ユーロは僅かに180円です)
チケット購入
トラム乗り場のすぐ横に、小さなチケット自販機があります。スタート画面の場合は、画面にタッチすると次の購入画面に変わります。
トラムのチケット購入画面
日本語表示にはできませんが、右上のイギリスの国旗ボタンを押すと、英語になります。
操作は簡単ですが、フランス語だと妙に戸惑ってしまうので、英語モードに切り替えることをおすすめします。
操作方法は簡単で、【Quick buy】の下の【SOLO 1.5€】を押して、コインを投入するだけで、チケットが出てきます。(おつりも出ます)
SOLOチケットは、1回のみ使用のチケットのことで、通常はこの1回券を買えば問題ありません。
トラムのチケット
チケットはこんな感じで、いくつかのデザインがあるようです。レシートも出てきます。

トラムに乗ったら、打刻を忘れずに

トラムに乗ると、下記のような打刻機がありますので、必ずチケットを通し、打刻してください。
全員を検査することはありませんが、万が一打刻をしないで抜き打ち検査に引っかかると高額な罰金を取られることになりますので、ご注意下さい。

ニーストラムの打刻機

パスを持っている人は、下側のオレンジの部分にパスをタッチすることになります。旅行者はまずチケットの挿入になるかと思います。

9月のニースの気候・気温は?

私がニースに滞在したのは、9/20~9/25までです。
よって、この情報は9月と10月中旬くらいまでが当てはまると思いますので、参考にして下さい。

ニースの朝

若干涼しいです。気温は18~20℃くらいでしょうか。

しかし寒いという印象はなく、半袖でも大丈夫ですが、少し涼しく感じますので、長袖のシャツがあればベストです。
朝食だけを食べに行って、またホテルに戻ってくるならば、長袖シャツで出かけるのがいいかと思います。

日中は気温が上がりますので、朝食後は半袖で出かける方がいいですね。

ニースの日中

気温は25℃前後ですが、かなり暑いです。海辺ですので、直射日光の日差しがとても強い。だから半袖でちょうどいいですね。

曇りの日でも半袖で大丈夫だとは思いますが、寒がりな人は長袖シャツがあると便利でしょう。とはいっても寒いという感覚は全くありません。基本、温暖なリゾート地だと思って下さい。

ちなみに25℃くらいの晴天の日は、ビーチでみんな泳いでいました(笑)

I Love Nice

ニースの夜

夜もそれほど寒くはなりません。気温は20℃~23℃くらいでしょうか。日々の温度差がはほとんどなく、毎日同じような感じの1週間でした。気温は晴れてても、曇っていても、雨でもそれほど変わりません。

ニースでも雨は降る

ニースは晴天の日が多く、一部の情報では年間300日が晴れだそうですが、この情報はどうかと思います。

実際、私が滞在していた1週間で、雨の日が2日ありましたので(笑)

雨といっても1日中降っている訳ではありませんので、雨の後晴れれば、晴れたということでカウントされているのではないかと思います。

「ニースはまず雨は降らない」と豪語した、ミラノ在住のアホな日本人ガイドがいまして、知人が天気予報のアプリで雨だと教えてあげたのですが、そのアホ?ガイドは「そのアプリがおかしい、こっちのアプリは信用できない」と言っていました。

しかし実際には天気予報通りに雨は降りました(笑)どこのサイトを見ても雨でしたので、当然ですよね。全くガイド失格ですね。

いずれにしても、ニースでも雨は降りますので、折り畳み傘は必携です。

ニースのおすすめホテル【プロムナード・デ・ザングレに近いアクセス抜群の格安ホテル】

フランスのコートダジュール地方にある人気リゾート地と言えば、ニース。

お金持ちセレブがバカンスで訪れるニースは、物価が高いことでも有名ですが、やはりホテルの相場も高めに設定されています。しかしよくよく調べてみると、好立地なのに格安で泊まれる穴場のホテルもいくつかあるようです。

その中でも本日は、ニースで実際に私が滞在して良かった、おすすめのホテルを紹介します。

■海外現地オプショナルツアー・アクティビティの予約サイト「タビナカ」は、日本語ガイド付きで、価格も一番安くて人気。
■猫社長も毎回使用してるホテル選びサイトが、最大手のエクスペディア
■ホテル料金、最低価格保証で実は一番安いと評判なのが【旅行通が利用するアゴダ】

ニースのホテル事情

ニースのホテルはどこも高いです。そしてとても古いです。

街自体が古い建築物の集合体のようなもので、これはヨーロッパでは当たり前の光景ですが、東京のように「ピカピカの近代的な新しく綺麗なホテルがたくさんある」ということはまずありません。

イタリアのローマなんかですと、外観は古くても中はリノベーション済みでとても綺麗なホテルもたくさんありますが、ニースに限ってはリノベーションはあまり行われておらず、中も古いままのホテルがほとんどのようです。

もちろんハイアットのような超高級デラックスクラスになると、客室も豪華で綺麗になるのは当たり前ですが、1泊5万以上のホテルにはそうそう泊まりませんよね。

そのようなホテルをご希望であれば、ニースには2、3棟しかない五つ星の超高級ホテルにお泊り下さい。

ニースでは三ツ星、四つ星クラスでも、外観・内観ともに古いと思って下さい。

また実際に旅行となると、ほとんどホテルの部屋にいることはないと思います。朝から出かけて、夜遅くに帰ってきて、ホテルは寝るだけ(笑)、ということがほとんどなのではないでしょうか?

だから私のおすすめは、安全で好立地の中級ホテルになります。そして実際に穴場のホテルを見つけましたので、紹介したいと思います。

ニースに滞在するならClub Inn(クラブイン)がおすすめ

クラブイン Club Inn

  • 住所 11 Rue Massenet, Nice 06000
    海岸沿いのプロムナード・デ・ザングレを背に、一つ道を入って100mちょっとの好立地。反対側(裏側)の道を挟んで向こう側がハイアットホテルです。
  • ホテル名 CLUB INN(クラブ イン)
    大きな会社が運営しているのではなく、個人経営のホテルになります。
  • チェックイン 14:00
  • チェックアウト 11:30
  • ベッドメイキング料 タオル交換とベッドメイキングに、1日当たり別途10ユーロと表示されていますが、実際には、全く請求されませんでした。聞かれもしませんでした。
  • 共有キッチン有り
  • ロビーには無料の飲み物有り
  • 立地 旧市街、城跡公園、ノートルダム寺院、ニース・ヴィル駅は徒歩圏です。
    トラム2号線のジャン・メドゥサン通り駅までは7-8分の距離。空港の横にあるショッピングモールCap3000に行くための、バス12番の停留所も100mほどの距離にあります。とにかく立地が最高です。

チェックインの時間を事前に知らせる必要がある

個人経営のオーナーホテルのため、受付には常時人がいません。そのため、チェックインの時間を事前に知らせるシステムになっています。

エクスペディアの案内ページにも記載されていますが、どのように連絡を取ればよいのか分かりませんでした。

「24時間前までに連絡を入れること」として電話番号も書かれていましたが、24時間前は日本ですし、時差もあるので国際電話は掛けられません。また国際電話は費用も掛かりますので、言葉の問題も加えてほとんどの人がやりたくはないと思います。

最初は「どうすればよいのかな」と思って、とりあえず予約を入れてしまったのですが、その後数日以内にエクスペディアの伝言やり取りシステムに連絡が入りました。

そして、エクスペディアのWEB上で返信をする形で、簡単にチェックインの時間を知らせることが出来ました。意外と簡単にあっさり終わったので、特に問題はなかったです。誰でもできると思います。

クラブインのオーナーとのやり取り

▲上記のように、エクスペディアの場合は、エクスペディアのマイページでやり取りが可能です。

■航空券とホテルを一括で購入する場合は、料金が最大半額の【エクスペディア】がやはりお得か。

Club  Innホテルの入り口から、ホテル内の紹介

クラブインのエントランス

ここがClub Innホテルのエントランスです。
右側の青く光っているところが入り口のセンサーになっていまして、もらったカードキーでタッチすると、自動でドアが開きます。いわゆるオートロック式の玄関になります。

ロビー

受付横の奥にには、ラウンジがあります。

ラウンジ

テーブルとイスがたくさん置いてあるホールです。奥が共有キッチン。角度で見えませんが、左真ん中にドリンクコーナーがあり、無料で飲めます。

よく外人の客は、食料を買ってきて、このホールで食べてくつろいでいました。

ホールとドア

▲左は廊下、右は305号室の部屋の扉です。見た目古いですが、それほど気になりません。部屋の扉はカードキーでタッチするオートロック式でした。

エレベーター内

エレベーターは結構古い感じが満載でしたので、最初はちょっと不安でしたが、これもすぐに慣れました(笑)

クラブインの客室の中

窓からの眺め305号室

305号室の窓からの眺めです。ブラインドはリモコンで自動開閉でした。

ベッドルーム

ダブルベッド・ルームです。結構広い部屋でした。

クラブインの部屋

テレビやデスクも一通り揃っており、古いですが不便はありません。デスクの扉の中にはミニ冷蔵庫もあり、モノプリなど近くのスーパーで買ってきたものを冷やしておくことができます。

ダブルベッド

とにかく一人で寝るダブルベッドは、広くて快適でした。ベッドの寝心地も良好です。

トイレとクローゼット

クローゼットとトイレですね。クローゼット内には、貴重品入れの暗証番号式金庫があります。

トイレは残念ながらウォシュレットではありません。これはヨーロッパでは仕方のないことですね。

備え付けのトイレットペーパーは、紙質がとても硬く、日本のように品質はよくありません。ウォシュレットもないので何回も拭くとお尻が痛くなります。
私は日本の携帯用ティッシュやノンアルコールのウェットティッシュで対応しました。

洗面台とドライヤー

洗面所です。右上の写真のようなドライヤーもついていますが、風量が弱いので、女性は時間がかかるかもしれません。見かけはほとんど掃除機ですね。

女性は小型のドライヤーを持参した方がいいかもしれません。
鏡と反対側に設置されていますので、乾かす時に鏡は見れません。

クラブインの浴槽

バスタブはちゃんとあります。温まるので、浴槽付きのホテルがおススメですね。

人気のクラブインはなかなか予約が難しい

CLUB INNは立地がいいので、とても人気があります。

歩行者天国のフランス通りは、僅か数十メートルですし、プロムナード・デ・ザングレまでは、約100m。海岸沿いの観光案内所も100mちょっとです。周りにはたくさんのレストランやカフェもあり、朝から夜まで賑やかです。もちろん治安もとてもよく安心です。

私は1ヶ月半以上前に予約しましたが、既に残り一部屋でした。どうやら常に満室の人気ホテルのようです。

もしニース旅行が決まっているのであれば、なるべく早くに予約することをオススメします。私はエクスペディアで予約しましたが、確か1週間くらい前まではキャンセル無料でした。

だから早めに抑えておくのも一つの方法です。

■海外現地オプショナルツアー・アクティビティの予約サイト「タビナカ」は、日本語ガイド付きで、価格も一番安くて人気。
■猫社長も毎回使用してるホテル選びサイトが、最大手のエクスペディア
■ホテル料金、最低価格保証で実は一番安いと評判なのが【旅行通が利用するアゴダ】

CLUB INNの宿泊料金は激安価格!

ちなみに宿泊料金は、とても安く、私は1人で4泊で、合計53372円でした。つまり1泊13343円です。

JTBとか日本の代理店を使うと、3人の場合、それぞれが同じ料金を取られますが、エクスペディア等の海外資本のサイトで予約をすると1泊料金ですので、一人でも二人でも価格は変わりません。

海外では、一人につきの料金ではなく、一部屋につきの料金設定が当たり前。
つまり日本の旅行代理店はボロ儲けしていますので、ご注意を!

チェックアウトもスムーズ

ニースでは、1泊につき0.75ユーロの市税がかかります。

私の場合、チェックアウト日の前夜の10:30頃にフロントから電話があり、事前にフロントで市税を支払いました。

宿泊料金はエクスペディアで予約時にクレジットカードで決済しましたので、これで全ての支払いは完了です。

このように全ての支払いを完了した人は、チェックアウト時に何の手続きも不要で、フロントに置いてある【カードキー返却ボックス】にカードキーを返却し、そのままホテルを出ていくことができます。【エクスプレス・チェックアウト】

朝早くチェックアウトする人もいれば、ギリギリの11:30にチェックアウトする人もいるので、前夜に市税を払うシステムにしたのだと思います。

★★★★★
立地、宿泊料金、オーナーの人柄、全てにおいて満足できました。
建物が古いのはどこも同じなので、立地とコスパがニースのホテルでは重要になってきますので、それを考えると満点のホテルになります。
※クラブインには日本人スタッフはおりませんので、日本語は通じません。
しかしニースには日本語OKのホテルはまずありませんので、片言の英語ができれば大丈夫です。
Club Innはオーナーの人柄がいいので安心ですよ。

★海外現地オプショナルツアー・アクティビティの予約サイト 「タビナカ」

猫社長のおすすめは、コストパフォーマンス抜群の【タビナカ】
日本語ガイドで激安価格のタビナカはとても人気があります。


旅工房も今話題になっている海外旅行プランのサイトです。

スポンサーリンク