大阪のたこ焼き食べ比べで失敗した話【はなだこ&会津屋】梅田編

昨年、一昨年と大阪出張の際に現地のたこ焼きを食べて、とても美味しかったので今年の出張では2店舗ほどをはしごしてみました。

行きの飛行機の待ち時間や現地での移動の合間にネットで検索。

前回行ったお店は美味しいのが分かっていたので、今回は別のお店を探求してみました。(いつでも新店舗の開拓は忘れません。常にチャレンジ)

スポンサーリンク

<はなだこ>でいきなりのがっくり

  • 店名 はなだこ
  • 住所 大阪府大阪市北区角田町9-26 大阪新梅田食道街 1F(地図
    新梅田食堂街の入口に位置します。駅からすぐです。
  • 営業時間 10:00~23:00

新梅田食堂街

「大阪で一番カンパイが似合う街」がキャッチフレーズの新梅田食堂街にあり、入口から入ってすぐ右側にあります。

行った時には数人の列ができており、カウンターでも数人がたこ焼きを食べていました。

はなだこのメニュー

▲はなだこのメニュー表の看板です。たこ焼きとネギマヨがありましたが、味のレベルを知るには普通のたこ焼きが一番です。

6個入り450円のたこ焼きを注文しました。

はなだこの店構え

▲「レジせまい」と書かれていますように、お店のイートインコーナーと言っても、単にお店の前に20cm弱のカウンターとも言えないカウンターがあり、そこに置いて食すようなものです。

はなだこのたこ焼き

▲<はなだこ>はミシュランガイドのビブグルマンとして掲載された事があり、大阪でも指折りの人気店ということで、かなり期待して食べました。

はなだこの評価は?

あれ、、、全然美味しくない。食感も味も全くの普通。まじか?これのどこが美味いのだ??

有名と予め言われてなければ、誰も「うまい」とは言わないのでは?特に何の変哲もないたこ焼きでした。

関連記事

大阪出張の最終日、やはり大阪と言えばたこ焼きだ。 昨年の出張の時には街で食べる機会がなく、伊丹空港内のたこ焼き屋さんで食べた記憶がある。結構美味しかったので、今回はどうしても街中で食べてみたかったのだ。 ↑これは去年の伊[…]

大阪で一番おいしいたこやきくん

「大阪で一番おいしいたこやきくん」があんなにおいしかったのに、この「はなだこ」は何なのか?

東京でお店を出したら、絶対に売れない味です。

関東ではたこ焼きの有名店はあまりなく、結局はチェーン店の【銀だこ】より美味しいかどうかが判断基準になります。何の特徴もなく、これが大阪の人気店と聞いてびっくりでした。

★☆☆☆☆
大阪の人が食べ慣れたソウルフードとして食べるのは構いませんが、地方からわざわざ来て食べるほど味ではありません。一食分無駄にしますので、なんばに行って「大阪で一番おいしいたこやきくん」に行くことをおすすめします。

その後「はなだこ」の脱税が発覚!

本日はなだこの脱税が大ニュースになりました。

ニュースを見てびっくりです。「そろそろ<はなだこ>の記事をアップしないとなー」と思ってた矢先の事件ですから。

▼はなだこの脱税ニュース。(スクリーンショットなので、動画は見れません)

はなだこ脱税

▲なんと5年間で1億4000万円の脱税です。既に修正申告はしたとのことですが、重加算税を含めて8000万円の追加納税ですからすごいですよね。

こうやってカードやキャッシュレス決済を導入していない飲食店は、必ずといっていいほど脱税してるんですよね。これは氷山の一角ですよ。

キャッシュレス決済を導入しないお店には、追加税を設けるべき

政府主導で推進しているキャッシュレス決済の導入をしないお店は、追加の税金を払わせるべきだと思います。結局現金主義でやっている時代遅れのお店が、レジも打たないで脱税しているのですから。

こんなお店いっぱい見てきました。

レジでお会計をする時に、料金だけ言ってレジを打たない店員。お店ぐるみで故意にやっているのは明白です。

クレジットカードやキャッシュレス決済では、全ての取引が明確に残るので、脱税店は導入を渋るんですよね。PayPayなんて導入費用ゼロですから、「カードの導入費用がない」という言い訳は通用しないのです。

消費者としてもクレジットカードやキャッシュレス決済を利用することにより、多くのポイントや値引きを得られるので、絶対に現金は使いたくないんですよね。

だからこそ、税金のため、そして消費者の利便性のためにキャッシュレス決済をどんどん推進し、これに応じないお店は、追加税を払わせるべきなのです。

キャッシュレス決済で払うかどうかは消費者が決めること。お店は絶対に導入すべきなのです。

二店目の会津屋でも失敗で全敗の出張でした

梅三小路

次はこれまた駅地下の会津屋の梅田店に行ってみました。

元祖たこ焼き・会津屋梅田店の概要

  • 店名 会津屋 梅田店
  • 住所 大阪市北区梅田 3-2-136 梅三小路内(地図
     JR大阪駅から梅三小路を通り、奥にあります。
  • 営業時間 平日 10:00 – 22:30 / 土 10:00 – 22:30
    日祝 10:00 – 21:30(季節により変更アリ)
  • 定休日 年中無休

ラッキービリケン

梅三小路を通り抜ける途中でラッキービリケンがありました。

ラッキービリケンの説明

▲ラッキービリケンの説明です。足をくすぐってあげる(かいてあげる)と願いを叶えてくれるそうです。私もかいてあげました(笑)

会津屋梅田店

梅三小路を通り抜けると右側にあります。

お客さんはほとんど入っていませんでした。ここで嫌な予感が。。。

会津屋梅田店の店内

会津屋梅田店の店内です。夕方なのにお客さんがいません。

会津屋のたこ焼きメニュー

ここでも基本の「元祖たこやき」12個入り、550円を注文しました。

会津屋はソースをかけないシンプルな味ということで有名で、漫画の美味しんぼにも登場した有名店です。

たこ焼きそのものの味が絶品と聞いたのですが、お味はいかがでしょうか?

会津屋のたこ焼き

こんな感じででてきました。

何もかかっていないことは分かっていましたが、周りはかなり乾燥しており、よくある油が乗っているような生地でもなく、しっとりほかほかな生地でもなく、カラッカラに焼かれた感じです。

シンプルな味とのことですが、このままだと全くおいしくありません。ハッキリ言ってまずいレベルですので、何かをかけないと食べれません。これはシンプルというようなものではありませんね。

何とかテーブルに置いてあった調味料をかけて無理矢理食べきりました。

★☆☆☆☆ ちょっとこれはやばいですね。「70年以上続く伝統の味」とか言ってないで進化することを推奨します。

ということで、今回の大阪出張での食事選びは完敗でした。

最近の口コミ系ブログも宣伝ばかりで、本当の評価になっていないので、気を付ける必要がありますね。

一休.comレストランは、厳選レストランに特化した予約サイト!

▲一休.comレストラン



▲ぐるなびネット予約

スポンサーリンク