丸十精肉店の牛串を食べてみた感想【外国人にも人気の串焼き店】

数週間前に外国人に人気のスポットをいくつか紹介している番組があった。その中で丸十精肉店の牛串が「過去最高においしい」という外国人のコメントがたくさんあり、丸十精肉店の「秋葉原店」が紹介されていた。

ほとんどの外国人は神戸牛1200円を注文しており、とにかくおいしそうなのはテレビの画面から見ても明らかであった。

「これは行かなくては!」

そう思ったが、秋葉原にはほとんど行かないため、食べる機会を失っていた。しかしホームページで検索していると、どうやら秋葉原以外にもいくつか出店しているのが判明。その中の一店が「渋谷センター街店」。

串焼きはほとんど調理をしないので、支店であっても味に変化はないはず。ちょうど渋谷に用事があったため、渋谷センター街店をレポートするべく突入してみた。

スポンサーリンク

丸十精肉店 渋谷センター街店の概要

  • 住所: 渋谷区宇田川町29−3
  • アクセス: 渋谷駅から約370m。渋谷センター街をそのまま入って直進。左手にマクドナルドがある十字路の右斜め前にこのお店はある。

上で紹介した神戸ビーフの他に、どうやら一番人気は<牛串 500円>と判明。他にも<牛タン串 600円>や<黒毛和牛串 1000円>などがある。

しかしそのお店の実力を知るには、やはり一番人気から、ということで牛串を注文。

丸十精肉店の牛串の実力は?

牛串の評価は

ここは2Fにイートイン・スペースもあるらしく、ドリンクを注文してゆっくりと2階で食べることもできる。

しかし周りの人達はみんな路上で立ち食いをしており、お店の人も特に二階に上がることを勧めて来なかったため、そのまま立ち食いをすることにした。

ここは注文するとその場でイチから焼いてくれる。軽く塩コショウかどうかは知らないが、何かを振りかけながら数分で焼き終わる。特に待ち時間も長いわけではないので、すぐに食にありつける。

量に関しては、右上の写真を見ても分かるが、思ったよりも大きくはない。
男性ならあっという間に食べ終わってしまうため、1本では足りない量である。

1食分を牛串で満たすには最低3本は必要か。なので噂の食べ物をちょっと味見する程度の感覚の方がいいかもしれない。

一番人気の牛串のお味は

丸十精肉店の牛串

お肉は非常に柔らかく、とても食べやすい。味もおいしいとは思う。しかし唸るほどの味ではく、「普通においしい」という感想に至るであろう。

量はちょっと物足りないか。「500円だからこんなものか」とは思うが、もし1200円を出しての神戸ビーフだった場合、価値観としての値段は知らないが、普通だったら余裕で食事ができる値段を考えると、コストパフォーマンス的にはそれほど高くはない。

神戸ビーフをレストランで食べる場合には、おそらく内観も立派で雰囲気を後押ししてくれるため、満足感も高い。しかしここは立ち食いである。

グラム数での価値観は別として、立ち食いで、1200円でお腹が満たされるわけでもないため、全体的評価としてはそれほど多くは付けられない。

丸十精肉店のおすすめ度

★★★☆☆ ←牛串の評価限定

■有名焼肉店「にくがとう」のお取り寄せサイト

東京の有名店、テレビ、雑誌など各種ディアに多数出演、六本木ヒルズに店舗あり。
厳選された牛肉やホルモンを、オリジナルたれをつけて販売。

スポンサーリンク