札幌場外市場でイクラとウニを食べた感想

北海道札幌市に出張に行ったので、ついでにグルメレポートをすることにした。

つい先日「超問クイズ!真実か?ウソか?」というテレビ番組で、NHKの筋肉体操ですっかり有名になった武田真治とT.M.Revolutionの西川が、札幌市中央卸売市場【札幌場外市場】でグルメリポートする企画番組を見た。

どうせ「北海道に行くなら場外市場で新鮮な魚介類を食べたい」という想いが強くなり、到着してそのまま札幌場外市場に向かった。

スポンサーリンク

札幌場外市場の概要

  • 住所 札幌市中央区北11条西21丁目2-3
  • アクセス
    地下鉄東西線「二十四軒駅」5番出口を左 → 信号左 → 二つ目信号右(徒歩7分)
    JR「桑園駅」西改札口の左出口 → 最初の道路右 → 100m先信号左(徒歩9分)
    「JR札幌駅」・「大通公園」・「すすきの」から車で10~15分
    ナビに入れれば簡単に行けます。
  • 電話番号 011-621-7044
  • 駐車場 無料

「海鮮食堂 北のグルメ亭」で食べてみた

このお店は無料送迎があるらしい。以下お店の案内文。

札幌市内中央区・北区(一部)・札幌駅北口から当店まで、無料送迎を実施しております。
お一人様でもお気軽にご連絡をください。
フリーダイヤル:0120-004-070(ケータイからも掛けられます)

なんと一人でも無料送迎があるという素晴らしいサービス!

最初は武田真治がオススメの朝一に行ったが、既に13:00くらいだったため、ほとんどのお店は閉まっており、その他の店舗も片付けの途中だった。武田真治おすすめの「丼兵衛」に是非行ってみたかったが、あきらめて場外市場に戻る。

ところで場外市場は呼び込みが凄い。「ここは東南アジアか?それともメキシコのティファナか?」というくらい声を積極的に掛けてくる。ハッキリ言って凄くうざい。

あそこまでくると、見たいものがあっても警戒して通り過ぎてしまう。そういう経緯で、あまりうるさくない、感じの良いお店を探していたら、「海鮮食堂 北のグルメ亭」に辿り着いた。

「海鮮食堂 北のグルメ亭」で食べてみた

スポンサーリンク

「海鮮食堂 北のグルメ亭」で食べた料理

ここは食堂が併設されており、売り場面積も広く、お店も広い。客席数320席を誇る一番大きな食堂である。

有名人も多数訪れているらしく壁は色紙で埋め尽くされていた。

有名人の色紙でいっぱい

注文したのはうに丼のミニ3000円、鮭ハラス焼。

鮭ハラス焼

これはとても美味しかった。しかし料金的には700円くらいしたので、安いとは言えない。

うに丼

うに丼は写真で見るよりも、ウニは少なく全体的にかなり小ぶり。かといって通常サイズを注文すると4860円もする。他にも食べたいものがあったので、ここはミニサイズで抑えることにした。

ウニの味は絶品で、臭みは全くなく、とろけるような食感で味も抜群。あまりにも美味しかったため、お土産で【塩水うに】を2パック購入した。100g前後で1パックだと3218円(税込み)2パックだと5500円(税込み)

これは家で食べても絶品だった。誠に贅沢の極み。最高なのでオススメです。

たらば・毛がに・いくら丼

こちらは【たらば・毛がに・いくら丼】1580円。

次回は菊水食堂がいいと思った

ところで帰りに気付いたが、場外市場の駐車場近辺には食堂がたくさん並んでいる。よく見ると<北のグルメ亭>より安かった。

菊水

うに丼は普通で3000円とある。北のグルメ亭はミニで3000円だった。「しまった」と思ったが、次回は絶対に菊水で食べようと思った。食堂専門の方がきっと美味しいと思うからだ。どれも良心的なお値段で好感がもてる。

菊水のメニュー

「海鮮食堂 北のグルメ亭」の評価

★★☆☆☆ やはりお値段が高めか。ウニ丼だけなら★★★☆☆。ウニの味は最高だが、直接販売の割には価格が高い。
★★★★★ お土産の塩水ウニは最高。おすすめ
スポンサーリンク

一休.comレストランは、厳選レストランに特化した予約サイト!

▲一休.comレストラン



▲ぐるなびネット予約

スポンサーリンク

海鮮の最新記事8件