つけめんの【舎鈴】武蔵浦和の駅ナカで食べれる激うまのつけめん

「毎日食べれる美味しいつけめん」をコンセプトに関東各地で大人気のつけめんラーメン店がある。

それが【舎鈴】だ。

駅の構内(駅ナカ)にも出店しており、通りすがりのJR利用者も多く来店する。私が見たのは赤羽駅構内と武蔵浦和駅構内で、実際に食べてみたのは2回とも武蔵浦和店だ。

今回はこの舎鈴のつけめんをリポートする。

スポンサーリンク

舎鈴 武蔵浦和店の概要

  • 店名 舎鈴 Beans武蔵浦和
  • 住所 埼玉県さいたま市南区別所7-12-1 ビーンズ武蔵浦和(JR武蔵浦和駅構内)
    改札の突き当りの駅ナカの奥にある。
    お昼時や夕食時には店の前に行列ができる。
  • 営業時間 07:30〜23:00(ラストオーダー 22:30)

おすすめメニューは断然つけめん

初めての来店の時に、どこかのブログで「つけめんもいいが、中華そばがおすすめ」との記事を読んだ。その時はつけめんな気分ではなかったため中華そばを注文したが、味はまあまあで特にリピートしたいとは思わなかった。よってレポートも書かなかった。

今回お腹が空いて、「ちょっとつけめんが食べたいな」という気分になったため、初めてつけめんを食べた。

それがめちゃくちゃ旨かった
そこで、数日後にまたつけめんを食べてみた。そしたらまた旨かった。
舎鈴のコンセプトは「毎日美味しく食べれるつけん」これは本当だと思った。ここに来たら中華そばではなく、必ずつけめんを注文して欲しい。
つけめんには(小)(並)(大)とあるが、並盛でも麺の量は300gあるので、普通に並盛を食べればいいと思う。女性は(小)でもいいと思う。

つけめんの美味しい食べ方

つけめんの食べ方

私が座ったカウンターには上記写真のような食べ方が書かれていた。

特選焙煎七味黒というのがある。このスパイスをかけると美味しさが増すようだ。

しかしまずは、普通につけめんを食べて欲しい。そしてデフォルトの舎鈴の味を堪能して欲しい。1/3くらいデフォルトのを食べたら、ここで特選焙煎七味黒を試して欲しい。

特選焙煎七味

このように食べる麺にガッツリとかけて食べる。それほど辛くないので、ガンガンかけてもらっても大丈夫。これがまたうまい。一口一口にこれくらいかけて食べた。最高だ!

調味料一覧

左上が特選焙煎七味 黒だ。麺を完食したらそれで終わりではない。

右上の【スープ割】を2-3メモリ(お椀の柄の段)くらいまで注ぎ、薄めてスープを飲んで欲しい。これもまたうまい。

柚子の調味料

説明によると、スープ割を飲むときに、「ゆず粉を入れるといい」と書いてあったので、ゆず粉も入れてみた。

正直、これはそれほど効果はなかった(笑)

魚介だしの風味が相殺されてしまう感じで、かける前の方が美味しかった。もちろんこれは好き好きだろうが。

スポンサーリンク

まとめ

「毎日食べれる美味しいつけめん」は本当だった。これはうまいのでオススメである。個人的には並盛をあと100円安くてもいいかとは思う。ちなみに今は並盛で730円。

★★★★★ 文句なく美味しいつけめんでした。

一休.comレストランは、厳選レストランに特化した予約サイト!

▲一休.comレストラン



▲ぐるなびネット予約

スポンサーリンク